みんながパソコン大魔神
話題<NO.121>

みんながパソコン大魔神
総 合 目 録 趣意書

表題一覧表

NO 表題 起稿 起稿日
話題NO.122
1024 社説を読み解く:沖縄県民投票 否定的な評価貫く読売・産経=論説委員長・古賀攻(毎日新聞、3月7日) 磯津千由紀 19/03/08
1023 <今更ですが>元朝鮮女子挺身隊員が三菱重工の資産差し押さえをソウル中央地裁に申請 通りすがりでもない
Mr.X
19/03/07
1022 米朝首脳会談、折り合わず 磯津千由紀 19/02/28
1021 <今更ですが>三・一独立運動100周年記念、親日精算、反日促進の徹底を強調 通りすがりでもない
Mr.X
19/02/26
1020 異文化の極致 ABC 19/02/17
1019 <今更ですが>東京五輪で韓国・北朝鮮が合同チーム結成の動き 通りすがりでもない
Mr.X
19/02/16
1018 <今更ですが>日中中間附近で、中国がガス田試掘? 通りすがりでもない
Mr.X
19/02/07
1017 <今更ですが>呼称問題「日本海」「東海」の協議に引きずり出された日本 通りすがりでもない
Mr.X
19/02/06
1016 <今更ですが>ソウルの日本大使館前で元慰安婦の告別式!さらし者? 通りすがりでもない
Mr.X
19/02/01
話題NO.120

NO.1016 <今更ですが>ソウルの日本大使館前で元慰安婦の告別式!さらし者?<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/02/01)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/01 (Fri) 20:44

元慰安婦は、死んでもさらし者。

癒し財団は一方的に解散。
90%の元慰安婦が癒し資金を受け取ってるのですが。
残り10%が受け取ると、この抗争も終わりですが、解散しましたので、抗争は続きます。
続けるため、解散?
日本政府もしっかりと慰安婦の実態を宣伝するべきです。

>韓国の元慰安婦で1月28日に92歳で死去した金福童(キム・ボクトン)さんの告別式が1日、慰安婦像が設置されたソウルの日本大使館前で行われた。陳善美(チン・ソンミ)女性家族相を含め、主催者推計で約1千人が参列し、黙祷(もくとう)をささげた。金さんは「慰安婦被害者らの象徴」だったといわれ、死去をきっかけに日本に改めて謝罪や賠償を求める動きが高まる可能性がある。

>金さんの遺体を乗せた霊柩(れいきゅう)車は早朝に葬儀場があったソウル市内の病院を出発。参列者らは、市中心部の広場から霊柩車に続いてゆっくりと行進した。大使館周辺では「日本は公式に謝罪せよ」「法的賠償を履行しろ」といったシュプレヒコールも上がった。

>金さんは生前、大使館前で毎週水曜日に日本政府に抗議する集会にたびたび出席し、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の破棄などを訴えてきた。

>葬儀場には、閣僚や与野党議員ら大勢が弔問に訪れた。1月29日に弔問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「(慰安婦)問題が解決しないまま見送ることになり、胸が痛い」と述べた。韓国政府が認定する存命の元慰安婦は23人となった。


<参考=「ソウルの日本大使館前で元慰安婦の告別式」(19/02/01)>


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/02 (Sat) 14:31

問題である。
遺憾である。
言葉だけでは、解決しませんが。

韓国国民は元慰安婦が死んでも利用します。

>西村康稔官房副長官は1日午前の記者会見で、韓国・ソウルの日本大使館前で行われた元慰安婦、金福童(キム・ボクトン)さんの告別式について「在韓国大使館の安寧を妨害、または威厳を侵害するものであれば、外交関係に関するウィーン条約の規定に照らして問題がある」との認識を示した。

>金さんは生前、大使館前で毎週水曜日に日本政府に抗議する集会にたびたび出席し、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の破棄などを訴えてきた。死去をきっかけに日本に改めて謝罪や賠償を求める動きが高まる可能性がある。

>西村氏は記者会見で「わが国大使館の安寧が保たれることの重要性については、平素から韓国側に申し入れている」と強調した。


<参考=「元慰安婦告別式、西村官房副長官「ウィーン条約に照らし問題」」(産経ニュース)>


NO.1017 <今更ですが>呼称問題「日本海」「東海」の協議に引きずり出された日本<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/02/06)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/06 (Wed) 17:36

日本はお人好しです。
韓国が日本を協議に引きずり出しただけでも大勝利。

協議になれば、日本は韓国に勝てるか?
口数と、迫力で負けます。

>韓国が日本海の呼称に「東海」を併記するよう求めている問題をめぐり、菅義偉官房長官は6日の記者会見で、日本海を単独表記している国際水路機関(IHO)の指針改定に向けた加盟各国との非公式協議に応じる考えを示した。協議メンバーには韓国も含まれる。

<参考=「「東海」非公式協議応じる=併記は拒否-菅官房長官」(JIJI.COM)>


【シバケン】 2019/02/06 (Wed) 18:31

確かに、
韓国は、延々の努力<ロビー活動>をしてるです。
結果、遂に、IHOを動かしたです。

対して、日本は、ここまで、「遺憾に存じます」のみ。

協議に応じるは結構ですが、想定外の、屁理屈を一蹴の、論破出来ねばなりませんです。

ですが、
お人好し国家、日本では、理屈一辺倒。あちら様は、その手の議論には、乗りませんでして。

の前に、IHOのメンバーは既に、洗脳されてるかと。

<参考=NO.580 <今更ですが>韓国の反発で「日本海」を「東海」に>(14/12/05)

<参考=NO.428 <今更ですが>日本海・東海併記、米州議会法案可決>(14/01/18)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/07 (Thu) 17:49

官民共同で攻める韓国。
大新聞は無関心の呼称問題。

「国際的には現在、日本海と東海を併記する割合は30%を超えたという。当初は3%にも満たなかったが、大幅な伸びである。」

世界の30%が日本海、東海の併記はおどろきです。
協議前に負けてる!

>1月19日付『産経新聞』(東京版1面)は、「日本海呼称 韓国・北と協議」と報じ、日本政府は「(韓国、北朝鮮の)2国と非公式協議を開催する方針を固めた」と伝えていた。この「日本海呼称問題」に関連して、複数の日本メディアは、菅義偉官房長官が同月18日、「日本海は国際的に確立した唯一の呼称」「これを変更する必要性も根拠もない」と論評し、河野太郎外相も同日の記者会見で「日本海が世界で唯一認められている呼称であり、修正する必要はまったくない」と述べたとしている。

>かみ合わない日韓の争点

>私も、オピニオン誌『月刊日本』(2002年11月号)誌上で「竹島問題『東海問題』」と題して、竹島問題と日本海呼称問題の関係を論じて以来、同じくオピニオン誌の『Wedge』(09年5月号)では「日本海が地図から消える? 韓国のでたらめ領土工作」と、韓国側の動向を注視してきた。

>『正論』の12年4月号では、「日本海呼称問題で韓国を黙らせる」とし、この【竹島を考える】でも、「韓国『日本海に東海の併記を』国際総会で主張…日本はもっと危機意識を」(17年5月)、「『東海は2000年前から』…広まる韓国の虚偽、『遺憾の意』だけでは解決遠い」(17年10月)として、日本が置かれている現状の周知に努めてきた。

>ここで指摘したのは、「日本海呼称問題」を歴史問題とする韓国と、「日本海は国際的に確立した唯一の呼称」とする日本との間では、争点がかみ合っていない現状である。

>日本が「日本海が世界で唯一認められている呼称」としたところで、韓国側では「東海という名称は記録上では紀元前37年から使われ始め」、「1929年に国際水路機関が『日本海』と決めた当時は、日本は軍国主義下にあり、韓国を強制占領した時期で、韓国に発言権はなかった」として、東海の正当性を主張するからである。

>その韓国と北朝鮮が、公式的に「日本海」の呼称を問題にしたのは、1991年に両国が国連に加盟し、92年の第6回「国連地名標準化委員会」で、東海の名称を使用するよう求めてからである。

>さらに94年、「国連海洋法条約」の発効とともに、韓国政府が独島(竹島の韓国側呼称)に接岸施設の建設を始めた96年頃には、竹島問題と日本海呼称問題がセットで語られるようになっていた。独島が日本海の中にあるのは、日本の領土のようで不適切だ、というのが理由である。韓国では過去の日本の植民統治を絡めて、その歴史は清算されなければならない、というのである。

>都合よく歴史をねじ曲げる韓国政府

>そこで韓国政府は、97年の第15回「国際水路機関」の総会で、「日本海の呼称は、日本帝国主義の残滓(ざんし)である」と主張し、「日本海」と「東海」の併記を要求したのである。

>この「過去の清算」という現象は、朝鮮半島ではしばしば発現し、その際は歴史問題を演繹(えんえき)的に捉える傾向がある。そのため東海はイエス・キリストが誕生する以前から使用されていたとして、自説に都合よく歴史を捏造(ねつぞう)していくのである。

>この韓国側に対し、「日本海は国際的に確立した唯一の呼称」「日本海が世界で唯一認められている呼称」としたところで、馬耳東風である。日韓では「歴史」に対する取り組み姿勢が、根底から違っているからである。

>2005年3月、島根県議会が「竹島の日」条例を制定すると、韓国政府は「東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団」を発足させ、翌年9月には、「東北アジア歴史財団」と改組して、竹島問題と日本海呼称問題などを専門的に取り扱う政策提言機関とした。

>その是非は別として、韓国(朝鮮半島)では、自らの正当性を担保する手段として歴史認識を利用する。これが国際法偏重の傾向がある日本との違いである。そのため「東北アジア歴史財団」の理事長は歴史研究者が就任し、司令塔的な役割を果たしてきた。

>持続的な対応望めぬ日本政府の体制

>一方、日本は政府が内閣官房内に「領土主権対策企画調整室」を設置したのは2013年。それもその室長はこの5年間で5人が入れ替わった。担当大臣も「竹島の日」条例が成立してから18人が就任した。これでは持続的な対応は望めない。

>日本政府にも韓国と同様、竹島問題や日本海呼称問題を担当する大臣がいて、「領土主権対策企画調整室」といった部署がある。だがそれは韓国と似て非なるものだ。韓国側では歴史研究者が政策提言をし、それを外交で活用している。日本では真逆で、企画は日本政府がおこない、その企画を業者や研究機関に応札させ、研究者に仕事を委託するのである。歴史問題に取り組む日韓の姿勢は、専門性という点で大きな違いがある。

>それを象徴的に伝えている事実がある。2014年、米国のバージニア州議会では「東海併記法案」が可決し、公立学校で使用する教科書に日本海が表記される際には、必ず東海が併記されることになった。その東海併記法案は、近隣の州にも波及していった。その背景にあったのが、韓国系米国人によるロビー活動である。

>この「東海併記」に関して、コリアレポート編集長の辺真一氏は、かつて「日本は米国では韓国のロビー外交に勝てない」として、次のように伝えていた。

>「米議会専門媒体である『ザ・ヒル』によれば、日本政府はワシントンにある『ホーガン・ロベルス』『ヘクター・スペンサー&アソシエイツ』などのロビー会社を使って、ロビー活動を展開していたそうだ。その活動費用としてホーガン・ロベルスにはこの1年間で52万3千ドル、ヘクターには19万5千ドルを支払い、議会に対する組織的なロビー活動と情報収集を委託していた」

>つまり韓国と違って“他人任せ”な面があるということだ。

>虚妄の論理を論破することが韓国攻略の第一歩

>韓国側の報道では、東海併記法がバージニア州議会で成立したのは、日本政府のロビー活動に反発したことが一因としている。同じロビー活動でも、韓国側では早くから「東北アジア歴史財団」などが国連地名標準化委員会や国際水路機関の関係者に働きかけ、「日本海」の不当性をアピールしてきた。

>韓国系米国人の団体では、韓国内の研究機関と連携しながら、韓国系米国人が多く居住する地域の州議員に接近し、「東海併記法案」の提出議員となるよう要請したのである。韓国側では、この種のロビー活動を「草の根運動」と称して、「慰安婦問題」でも活用してきた。

>この状況下で、日本海は「国際的に確立した唯一の呼称」とし、「日本海が世界で唯一認められている呼称」としたところで、韓国側が納得するはずもない。国際的には現在、日本海と東海を併記する割合は30%を超えたという。当初は3%にも満たなかったが、大幅な伸びである。

>これは、「サイバー外交使節団」を名乗る韓国の反日運動団体「VANK」が運営する「サイバー独島士官学校」所属の子供たちが、日本海と表記する地図会社や公的機関に抗議のメールを送り付けて得た成果だという。メール攻勢をすれば日本海が東海と書き換えられるなら、子供たちにとってはそれが明確な努力目標となる。

>韓国との間で、「日本海呼称問題」を争うのなら、韓国側の動向を把握し、その標的を明確にすることである。それには持続的に研究が可能な機関の設置が前提となる。韓国側が歴史問題を外交カードとする以上、日本は国際法に偏重することなく、韓国側の歴史認識を争点として、論破することが攻略の第一歩である。以前書いた通り、「東海2000年以前説」や「植民統治説」は、歴史的には何ら根拠のない論理だからである。

>【プロフィル】下條正男(しもじょう・まさお) 竹島問題研究の第一人者。拓殖大国際学部教授。平成17(2005)年に島根県が設立した「竹島問題研究会」の座長。著書に「竹島は日韓どちらのものか」(文春新書)など。


<参考=「【竹島を考える】日本海が消える…東海主張・韓国の工作に屈するのか 下條正男・拓殖大教授」(産経ニュース)>


NO.1018 <今更ですが>日中中間附近で、中国がガス田試掘?<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/02/07)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/07 (Thu) 09:13

「試掘は日本政府の再三の抗議を無視して進められており、政府は17基目の永続的施設の新設に向け開発を加速させる恐れがあるとみている。」

抗議でやめるなら、やりません。
日本はやられてるのを見てるだけでは意味ありません。
開発を進めるべきです。


>東シナ海の日中中間線付近で一方的なガス田開発を進める中国が昨年9月から「移動式掘削船(リグ)」を投入し、海底資源を試掘している問題で、中国側が今年1月、リグを移動して新たな試掘に着手した疑いがあることが6日、分かった。中国は既に16基の永続的な採掘施設を設置しているが、リグはその周辺で長期間活動。試掘は日本政府の再三の抗議を無視して進められており、政府は17基目の永続的施設の新設に向け開発を加速させる恐れがあるとみている。

>外務省によると、問題のリグは「H.Y.S.Y.(海洋石油)942」。昨年9月下旬に日中中間線付近の中国側で確認され、間もなく試掘が始まった。11月中旬には南南西へ約120キロ移動し別の試掘に着手。インターネットで公開される船舶自動識別装置(AIS)の記録では、今年1月26日ごろから海域を数キロ移してとどまり、新たな試掘を始めた可能性がある。

>活動中のリグは、深さが百数十メートル程度の海域を掘削するのに適したタイプとされる。過去の同型投入時に比べ(1)試掘場所が次々と移動(2)活動が長期化-との特徴があるとみられる。移動した海域は日中中間線付近の中国側に沿い、中国が置く16基の永続的採掘施設がある。資源埋蔵状況を精査している可能性もある。

>中国は昨年、作業の最大水深が約600メートルで、船体の安定性も高いとされる新たなリグをガス田周辺に初投入するなど、開発の動きを活発化させている。


<参考=「中国、またガス田試掘の疑い 東シナ海 先月、開発加速の恐れ」(産経ニュース)>


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/07 (Thu) 21:17

「遺憾の意」は聞き飽きた!
抗議は聞き流されるだけで、屁の突っ張りにもなりません。

>菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、東シナ海の日中中間線付近で一方的にガス田開発を進める中国が昨年9月から掘削船を投入し試掘を行っている問題で、新たに試掘とみられる活動を行ったとして、中国側に抗議したことを明らかにした。

>菅氏は「日本側の累次の申し入れにも関わらず、東シナ海での境界が画定していない海域で中国側が一方的な開発に向けた行為を継続していることは極めて遺憾だ」と強調した。

>抗議は試掘を確認した直後に外務省中国・モンゴル第1課長から在京中国大使館参事官に対して行った。菅氏は、抗議した具体的な日付については「政府の情報収集能力を明らかにすることになる」としてコメントを避けた。

>中国の掘削船は昨年9月中旬に日中中間線付近の中国側で確認され、間もなく試掘が始まった。11月中旬には別の海域に移動して新たな試掘に着手。今年1月にさらに移動し、別の試掘を始めた可能性がある。


<参考=「東シナ海のガス田試掘で中国に抗議 菅官房長官「遺憾の意」」(産経ニュース)>


NO.1019 <今更ですが>東京五輪で韓国・北朝鮮が合同チーム結成の動き<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/02/16)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/16 (Sat) 20:23

平昌五輪では突然でした。
東京五輪は事前の三者会合で決めるだけましです。

旗は統一旗で竹島入り?
日本としてはやめるように要請を!

>国際オリンピック委員会(IOC)は15日、韓国と北朝鮮の各代表との3者会合をスイス・ローザンヌのIOC本部で開き、2020年の東京五輪に向け、バスケットボール女子▽ホッケー女子▽柔道▽ボートの4競技で南北合同チームを結成する方針で合意した。会合後の声明で発表した。卓球とカヌーは協議を継続。今後は、合同チームでの出場権獲得を目指す。

>会合にはIOCのバッハ会長、北朝鮮のオリンピック委員会委員長を務める金日国(キムイルグク)体育相、韓国の都鍾煥(トジョンファン)文化体育観光相らが参加した。バッハ会長は会合後、東京五輪の開会式では南北が合同入場行進する計画だとも明らかにした。

>声明によると、合同チームはバスケ女子、ホッケー女子のほか、柔道混合団体、ボート男女のかじなしフォア、4人スカル、エイトの4競技9種目で結成する方針。南北双方が東京五輪の予選会前に別の競技でも合同チームの結成を希望した場合、IOCは改めて参加の是非を検討する。

>また、南北の代表は会合で「32年夏季五輪の共同招致」を目指す方針を示し、IOC側は歓迎の意を表明した。共同招致は昨年9月の南北首脳会談で打ち出されたもので、金体育相は「ソウルと平壌での開催に向け、IOCの支援を要請する」と発言した。

>北朝鮮については、世界反ドーピング機関(WADA)が13日、「不適格組織」と認定しており、現状では国際大会の開催は難しい。バッハ会長は、北朝鮮のドーピング検査体制の改善を支援する方針を示し、「今回の会合はスポーツが朝鮮半島和平に貢献する道を示すものだ」と述べた。

>南北合同チームは昨年の平昌五輪でアイスホッケー女子で結成された。東京五輪で合同チームの出場が決まれば、五輪史上2度目。32年の夏季五輪には中国の上海、オーストラリアのブリスベンなどが立候補に意欲を示している。


<参考=「東京五輪、4競技で南北合同チーム 入場行進も合同で」(産経ニュース)>


NO.1020 異文化の極致<起稿 ABC>(19/02/17)


【ABC】 2019/02/17 (Sun) 13:46

 韓国人の行ないは、日本的な常識では、卑しく、浅ましく、嫌らしく、敬意はおろか人間並みの扱いも受けなくて当然の、驚くべきものです。好んで嫌われようと、その効率を高める研究の様です。
 しかし、これは異民族なのです。すぐ隣でも、海の隔ては大きいのですね。これほどに異なる文化が近接して存在し得たとは。

 朝鮮併合は、大きな失策でした。これは心底に反省せねばなりません。この対極ほどに異なる異民族を、国民として受け入れようなど、狂気でした。しかも大量にです。適当に止められていなければ、今頃には日本は、大方にあの様に下種な状況でしたでしょう。日本文化が失われるところでした。それが韓国人の望みの様ですね。朝鮮併合に反対の伊藤博文を殺してしまったと言います。
 あの中国が、いつでも占領できる朝鮮半島を避けて来たのは、検討を経た賢明な判断によったのだと思われます。とても教化同化できません。朝鮮民族の風習が国民に広まると、大方の国には一大事でしょう。日本は人が良くて楽観し、ババを引きました。今は、移民の国の新大陸が心配です。

<参考=「「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質」(NEWSポストセブン)>
(2018.04.16)

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)


 これほどな的確な忠告が120年前にあっても、未だに期待する幻想は、何ですかねえ。
 日本の現政府の元は、比較的に南国人が創った為ですかねえ。大陸の冬は厳しくて、甘い事を言っていたら死にます。日本海の向こうにいるのは皆その生き残りの集団なのですよ。


 東海ですと、日本海でなくても良いですが、これだけは受け容れられません。あれは我々には西海です。
 日本が太平洋を東海としたいと言わないのは良識です。現に東海地方があるのです。

 旭日旗など、日本列島がなければ、大抵に朝鮮国旗です。その羨ましさは解ります。
 韓国の国旗は、汚れた日本国旗に見えます。嫌うなら似せる事もないのですが。日本国旗を韓国旗に描き変える悪戯書きもある様です。余程に悔しいのでしょうねえ。

 日出ずる国は、太陽神の国の内です。一神教でないとは言っても、日輪が並ぶ者のない最高神です。
 朝鮮も、それを宣言できていたら、今とは違った誇りを持てたでしょう。気の毒ですが、譲れませんねえ。しかも日本列島は世界に類例のない土地で、天然の恵みがいくらでもあります。羨望が憎しみを呼びますかねえ。

 「慰安婦」と言うのも当たりませんねえ。「友好国」と同じに随分と歯に絹を着せています。
 どこが慰安ですか、慰安て何ですか。日本の兵隊さんは可哀想だったのだなあと涙でしょう。

 日本では、兵隊さんは英雄だったのです。それに尽くすのが慰安婦なら、当時には立派な職務でしたでしょう。それに不適格の者を引っ張り出したとしたら、そいつは日本人でなく朝鮮人でしょう。恨むのは朝鮮民族の特質でも、恨む相手が違います。

 日本は、列強の脅威から守ろうとアジアを教化しようとしました。それが余計なおせっかいだったのかも知れませんが、その成果は表われました。
 韓国が認めないのは、発電所とかが北朝鮮に行ってしまったからでしょうか。折角の帝国大学も壊した様ですしねえ。日本の6番目の帝国大学です。本州に3つ、北海道と九州に1つずつしかなかった物です。

 植民地に学校を作って現地人に読み書きを教え教養を与える事業なんて、他にあったのですか。
 孔子は間違っていますかねえ、小人は学んでも小賢しくなるばかりで、良い事がないのかしらん。孔子の期待では、小人が学ぶと慎みを覚えるはずでした。

 日本でも外れはありますが、それは朝鮮家系かもで、調査が要ります。
 日本人は、恥の文化で、元々に歯痒いほどに慎み深過ぎる特質です。自身の利益の為に嘘をつくのが完全に悪徳の社会である為に、政治家は暴力団員程度に嫌われます。平然と嘘をつける人非人であるとして。

 韓国では貴族文化で、孔子の教えは目上に絶対服従、目上は目下に、誤っていても謝らない物の様です。
 中国が上位、朝鮮は中流、日本は下流と見下すと、目下に謝るのは、貴族の誇りの大問題です。アホか。中国の影響の弱い所では独自の文化が進展するのだという事を夢想もできなかったのでしょうねえ。哀れです。


<関連>

<参考=NO.84 2月15日・日韓、外務大臣会談は、どんなになったか<?> 話簡単、無視された<!>


【シバケン】 2019/02/17 (Sun) 21:49

結局は、
韓国とは、その昔より、こんな国であるを、認識の上で、お付き合いせねば、馬鹿を見る<?>

イヤ、
諸般の、専門家筋曰くに、韓国が反日になったり、親日になったり、振り子の如く、振れると。

当方的には、元々が反日で、その程度の差こそあれどの、親日になった事は無いと。

むしろ、現政権<文在寅>は、はっきりしてましての、分かり易いと、見るべきかと。

日本は敵である。
但し、外交儀礼上、話だけは聞いてやるけれどの、聞いてるの、フリだけしてやりの、無視<!>


NO.1021 <今更ですが>三・一独立運動100周年記念、親日精算、反日促進の徹底を強調<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/02/26)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/02/26 (Tue) 17:32

文大統領の頭には、従北、反日しかありません。


>韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日の閣議で「親日を清算し独立運動にしっかり礼を尽くすことが、民族の精気を正しく立て直し正義のある国に進む始まりだ」と訴えた。

>閣議はソウルにある独立活動家、金九(キム・グ)の記念館で開かれた。戦時を除き、政府庁舎以外での閣議開催は初めて。韓国では1919年に日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年記念日が、3日後に迫っている。文氏は「今日の閣議は三・一運動100周年を迎える国家的な意味を込め、金九記念館で開くことにした」と意義を強調した。

>文氏は三・一運動を主導した代表的な女性とされる柳寛順(ユ・グァンスン)に言及。「柳寛順烈士には(国家有功者の)1等級勲章の資格があると思う」と三・一運動の象徴をたたえた。

>閣議に先立ち文氏は、記念館近くにある金九の墓を参拝。また、初代の韓国統監だった伊藤博文元首相を中国・ハルピン駅で暗殺し死刑となった安重根(アン・ジュングン)や、金九の指示を受け上海で爆弾を投げ、日本の要人2人を殺害し死刑になった尹奉吉(ユン・ボンギル)らの墓も続けて参拝した。

>文氏の発言について韓国大統領府は「三・一運動の崇高な自主独立精神や、愛国者の先人の犠牲精神を継承、発展させる意志を示すものだ」と説明している。

>韓国政府は来月1日、三・一運動100周年の記念式典を、ソウル中心部の光化門(クァン・ファムン)広場で開く。同広場は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免、逮捕につながり文氏も参加した大規模市民集会が行われた場所で、式典には労組関係者らも多数出席する。

>韓国法務省は26日、三・一独立運動記念日に合わせ、受刑者ら計4378人の特別赦免を発表。対象には慰安婦問題をめぐる日韓合意に抗議し摘発された22人も含まれている。


<参考=「韓国大統領が「親日清算」を強調 三・一運動記念日控え」(産経ニュース)>


NO.1022 米朝首脳会談、折り合わず<起稿 磯津千由紀>(19/02/28)


【磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)】 2019/02/28 (Thu) 17:33

 こんばんは。


 下記記事では非核化で合意に至らなかったとのことですが、幾つかのテレビ報道では北が完全な制裁解除という高い要求を出したためとも言ってます。


> アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は2回目の首脳会談を開いたものの、非核化の進め方をめぐって合意に至りませんでした。当初、予定されていた合意文書の署名式は見送られ、トランプ大統領はまもなく記者会見を行う予定です。


> トランプ大統領とキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長による首脳会談は27日に続いて、28日もベトナムの首都ハノイのホテルで行われました。

> これについて、ホワイトハウスのサンダース報道官は日本時間の28日午後3時半すぎ、声明を出し、非核化の進め方をめぐって合意に至らなかったことを明らかにしました。

> 声明は「今回の首脳会談で、トランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長はとてもよい、建設的な会談を行った。非核化や経済発展の方法についてさまざまな意見を交わした。今回は合意に至らなかったが、両国が互いに今後も協議を行うことを期待している」としています。

> 両首脳は当初、合意文書の署名式を予定していましたが、署名式は見送られ、トランプ大統領がまもなく記者会見を行う予定です。

> これより先に開かれた拡大会合では、キム委員長が改めて非核化の意志を示したほか、両首脳は米朝双方が互いに連絡事務所を設置する案に前向きな考えを示していましたが、肝心の非核化の具体策をめぐって互いの主張の隔たりが埋まらなかったとものとみられます。

> トランプ大統領が記者会見でどのような発言をするのか注目されます。


> 北朝鮮 反応なし

> ベトナムの首都ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談の結果について、北朝鮮は、これまでのところ反応を示していません。

> 北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは28日午後5時からの放送でも、27日行われたキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長とトランプ大統領の会談初日の様子を伝えるにとどまっています。


<参考=「米朝会談 非核化で合意に至らず ホワイトハウス発表」(NHK)>(2月28日 17時17分)
<消滅・19/03/06>


NO.1023 <今更ですが>元朝鮮女子挺身隊員が三菱重工の資産差し押さえをソウル中央地裁に申請<起稿 通りすがりでもないMr.X>(19/03/07)


【通りすがりでもないMr.X】 2019/03/07 (Thu) 19:11

文政権ですので原告の勝訴になります。
日本の対抗措置は?

>韓国最高裁が、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らによる訴訟で三菱重工業に賠償を命じた確定判決を出したことを受け、原告側は7日、同社の資産差し押さえをソウル中央地裁に申請した。

>差し押さえの対象は、三菱重工が保有する商標権や特許権など計8件という。申請が認められれば、1~2週間ほどで差し押さえは完了する。

>韓国最高裁は昨年11月末、元勤労挺身隊員ら5人に1人あたり1億~1億5千万ウォン(約1000万~1500万円)の賠償を三菱重工に命じた。原告側弁護団は今月4日に「三菱重工側が交渉に応じないため、同社の韓国内にある資産差し押さえを近いうちに裁判所に申請する」との声明を発表していた。

>元徴用工や元挺身隊員による訴訟の判決を受けた日本企業の資産差し押さえは、1月の新日鉄住金に続き2社目となる。新日鉄住金について原告団は、差し押さえ済みである韓国の合弁会社の株式を現金化する構えだ。

>日本政府は韓国側でのこうした動きに対し、強い懸念を示し続けており、韓国政府に1965年の日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう求めている。韓国政府は、協議に応じるかどうかをこれまで明らかにしておらず、日韓関係は悪化の一途をたどっている。


<参考=「三菱重工業の資産差し押さえを申請 元挺身隊訴訟の原告側」(産経ニュース)>


NO.1024 社説を読み解く:沖縄県民投票 否定的な評価貫く読売・産経=論説委員長・古賀攻(毎日新聞、3月7日)<起稿 磯津千由紀>(19/03/08)


【磯津(寫眞機廢人)@ThinkPad R61一号機(Win 7)】 2019/03/08 (Fri) 22:35

 こんばんは。


 右寄りの新聞の論調が・・・。
 勿論、衆愚政治は不味いですが、少数派の意思を無視してはいけません。


> 毎日 辺野古は困難/朝日 これが民主国か/読売 国会に委ねよ

> 沖縄・辺野古沖埋め立ての是非を問う沖縄県民投票は、7割超の反対票を集めて終わった。県民意思の表出があった以上、中央政府は何らかのアクションを起こすのが民主政治の定石のはずだが、安倍政権は投票を「なかったこと」にしているように見える。


> 日本の政治制度は選挙された代表者による意思決定を基本にしている。その中で有権者のダイレクトな意思をどう扱うかは、確かに悩ましい問題だ。ただ、「民意」が行き場を失ってさまようような事態になると、民主主義そのものを傷つけてしまう。

> このため、毎日新聞や朝日新聞、多くの地方紙は投票結果を受けて政府に埋め立て中止を求めたが、読売、産経両紙は県民投票に否定的な評価を貫いた。その論調の違いは、安倍政権と沖縄を分かつ溝と同じように深い。

>       ◇

> 県民投票は2月24日に沖縄全県41市町村で実施された。結果は埋め立て「反対」が72・15%、「賛成」は19・10%、「どちらでもない」は8・75%だった。

> 辺野古の埋め立て海域の軟弱地盤を改良するには、沖縄で採取される砂利数年分もの量を必要とすることも新たに分かった。

> このため、毎日は「もはや普天間の辺野古移設は政治的にも技術的にも極めて困難になった。政府にいま必要なのはこの現実を冷静に受け入れる判断力だ」と訴えた。

> 朝日は「民主主義国家において民意と乖離(かいり)した外交・安保政策は成り立た」ないとして、政府が投票結果に対して真摯(しんし)に向きあうよう求めた。

> もっとも政治のプロセスで有権者に直接問いただすことが全て正しいとは限らない。時にはポピュリズム(大衆迎合主義)の温床にもなり得る。欧州連合(EU)離脱をめぐる英国の国民投票とその後の混乱が典型例だ。

> この点について毎日は全県実施が決まった時点の社説(1月27日)で沖縄に集中する基地問題を「本土の国民が『我がこと』と捉える」重要性を指摘した。また、告示を受けた社説(2月15日)では「県民同士が話し合い、異なる意見も尊重しながら、民意を熟成させる10日間に」と位置づけた。

> これに対し、2月26日読売社説は「安全保障政策を県民投票で問うことの危うさを直視すべきだ」「複雑に利害が絡む国政の課題は、有権者に直接問うのではなく、国政選挙で選ばれた国会議員に委ねるべきである」と県民投票の実施それ自体を徹底的に批判した。

> 2月15日の社説では「辺野古移設は(中略)政府が米国と協議してまとめた実現可能な唯一の案」「安保政策は(中略)国際情勢と外交関係を勘案し、政府が責任を持って進めるべきもの」と主張していたから、当然の帰結だろう。

> 産経も類似の論理から着実な移設工事を求めた。「県民投票はその内容にかかわらず、民主主義をはき違えたもの」「外交・安全保障政策は政府の専管事項であり、米軍基地をどこに設けるかは、政府以外には決められない」

>       ◇

> 「辺野古は唯一の解決策」や「外交・安保は政府の専管事項」は政府の決まり文句でもある。

> ただ、これらは証明済みのテーゼだろうか。憲法は確かに「外交関係の処理」を内閣の事務に掲げている。しかし、基地の立地、選定を政府が問答無用で進めていいというなら、基地行政だけは民主主義の例外とするとの規定がどこかになければならない。

> しかも、沖縄の人びとが拒んでいるのは、辺野古移設そのもの以上に、米軍普天間飛行場の代替地を安保の論理だけで再び沖縄に求めようとする中央政府の発想なのだろう。戦前、戦後を通じて沖縄が背負わされてきた歴史観が強く反映している。

> 辺野古の問題を軍事合理性だけで論じるべきではない。沖縄の不条理をどう解消していくかがもう一つの重大な争点なのに、その回答が政府や辺野古移設の推進論に用意されているだろうか。

> 朝日がかつて発行していた雑誌「論座」は2003年11月号で読売の社論を特集している。読売が米国のイラク戦争を一貫して支持する背景を分析したものだ。

> そこで当時の読売論説委員長は、朝日と「日米同盟・安全保障観が異なる」と述べたうえで自社のスタンスをこう説明している。

> 「読売新聞は、同盟条約というものが、一片の紙切れだけで、すべてが書かれた通りに実行されるものとは考えていない」「条約内容を実のあるものとして維持するには、絶えざる努力が要る」「日本にとっては、米国が日本を守ることが米国の国益にも沿うことになると、米国に思わせておかなくてはならない」

> つまり、日本にとっては米国に寄り添うことがより上位の戦略目標であるため、イラク戦争への評価はその範囲内でしか下すことができないという考え方だ。

> 県民投票への評価にも同様の論理が組み込まれているのだろう。

> 橋本政権がクリントン米政権と普天間の返還で合意して23年。小泉政権時代に辺野古埋め立ての現行案が決まってからも13年がたつ。この先、工事の完了まで何年かかるのかも分からないのに、「日米合意」に固執して本土と沖縄の距離を広げ続けることが賢明なのかどうか。ジャーナリズムも溝を埋める努力が求められる。=「社説を読み解く」は今回で終了します


> 沖縄県民投票についての社説の見出し

>  毎日新聞

> ・もはや埋め立てはやめよ(2月25日)

> ・「唯一」の固定観念を正せ(2月28日)

>  朝日新聞

> ・結果に真摯に向きあえ(2月25日)

> ・これが民主主義の国か(2月26日)

> ・対話なしに展望はない(3月2日)

>  読売新聞

> ・着実な負担軽減へ混乱回避を(2月26日)

> ・普天間固定化の危険を避けよ(3月3日)

>  日経新聞

> ・辺野古打開へ国と沖縄は対話の糸口探れ(2月25日)

>  産経新聞

> ・国は移設を粘り強く説け(2月25日)

>  琉球新報

> ・埋め立て直ちに中止せよ(2月25日)

> ・県民投票無視の政府民意を矮小(わいしょう)化するな(2月26日)

<参考=「社説を読み解く:沖縄県民投票 否定的な評価貫く読売・産経=論説委員長・古賀攻」(毎日新聞、3月7日)>